今フリーターだけど、就職ってした方がいいの?

2020/04/21

フリーターから正社員

「就職活動はせずに、高校・大学卒業後、フリーターをしている」
「就職活動に失敗してフリーターをしている」
「夢を追いかけてフリーターをしている」
「自分の時間が欲しくてフリーターをしている」

など、現在フリーターの方には様々な背景があると思います。
明確な意思があって、フリーターになったという方もいるでしょう。
でも、なんとなく今フリーターをしているという方も多いのではないでしょうか。今回は、フリーターと就職について考えていきたいと思います。

フリーターは就職した方が良いの?

一般的に、フリーターは将来のことを考えたら、就職するべきといった意見はよく聞かれますよね。では、本当にフリーターの方は就職した方が良いのでしょうか?

それは、あなたがフリーターをしている理由によると思います。

「夢を叶えるため」など、何か明確な意思があって、今現在フリーターを選択しているという方は、無理に就職の道は選ぶことはないでしょう。

また、将来を見越した上で「自分の時間を持ちたい」「最低限生活できる程度のお金があればいい」「家庭を持つ気はない」という方も、一生フリーターでもなんとかやっていけるのではないかと思います。

フリーターにはデメリットもある

ただ、なんといっても正社員と比べると生涯年収に差が生まれるという点がフリーターの最大のデメリットと言えるでしょう。

正社員の場合は、勤続年数が長くなったり、昇進したりすることによって、給与アップが見込めます。また、自分の実力で昇給することもあるかもしれません。

しかし、フリーターの場合は、長年勤めていようが、実力があろうが、数十~数百円単位でしか給与アップが見込めません。また、スキルを積めるアルバイトであればよいのですが、単純作業などのスキルがなかなか身につかないようなアルバイトの場合は、基本的に体力勝負となります。その結果、若い時はよくても年をとった時にかなりキツくなることは心得ておきましょう。

私の以前いた職場でも、やりたくない正社員の仕事をするよりも自分の好きな仕事をしたいとあえてフリーターを選択している50代の男性がいました。離婚して独り身の生活ではあったものの、自分の好きなアルバイトと、好きではない早朝のアルバイトを掛け持ちしていて、はたから見ていてかなりキツそうでした。

現在のコロナ騒動で、「働きたくても働けない」という状態に陥っている方もいるかもしれませんね。フリーターの方だと、お店などが休業になっても手当が出ないことが大半です。

今回のような不測な事態が起きた時に何の保証もないのでは、生活も安定しませんよね。

また、自らフリーターの道を進んだ場合、高齢になって体を壊した、また、病気になって入院したというような時でも、生活の保障はありません。

ですので、フリーターとして一生やっていくのであれば、ある程度の貯金はしておかなければならないでしょう。また、社会保険に加入できるアルバイトをすることも必須です。

以上のことを踏まえると、ただ「なんとなく」フリーターをしているという方は、正社員としての就職を目指した方が良いでしょう。正社員として働けば、給与面ではもちろん、スキルも身につきます。

正社員になっても長く働けないのでは意味がない

ただし、正社員を目指し、内定をもらってもすぐにやめてしまったのでは意味がありません。

正社員として働くためには、会社の制度などはもちろん、長く続けられそうな自分に合った会社を探すことが必要となります。また、自分の適性に合った仕事を見つけるというのも大切です。

今まで、やってきたアルバイトで、「楽しい」「やりがいを感じられる」仕事はありませんでしたか?もしあれば、その仕事に関連した仕事を正社員で探すというのも良いでしょう。仮に、そのように思える仕事がなくても未経験の職種にチャレンジしてみることで、可能性がきっと広がるはずです。

フリーターの就職活動を後押ししてくれるのは…

そうはいっても、「就職活動のやり方がわからない」「どうやって自分に合った仕事を探したらよいかわからない」という方もいるでしょう。そんなフリーターの方の就職におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントは、求人募集を行っている企業と求職者の代理として双方の就業条件などを確認し、お互いを結びつける人材紹介サービスの一つです。登録は無料で行えます。

転職エージェントでは、プロの視点でコーディネーターが、求職者に合った仕事を紹介してくれるので、企業とのミスマッチが起こりづらくなります。また、履歴書の書き方や面接対策などの就職支援も行っているところが多いので、就職活動のやり方が分からないフリーターの方でも効率的に就職活動を進めることができます。

現在、転職エージェントはたくさんあり、それぞれに特色があります。

ちなみに、パセリスタッフには、

①        未経験者でもOKな正社員求人が多い

②        専任のコーディネーターが面談から入社後までマンツーマンでフォロー

③        心理カウンセラー(公認心理師)在籍のため、仕事以外の心の悩みも相談できる

④        オリジナルの適性テストで自分に合った仕事がわかる

などの特色があります。

ただ、未経験OKといっても、年齢は35歳くらいまでとなりますので、現在フリーターの方で、ゆくゆくは正社員になりたいと考えている方はなるべく早めに動きだしましょう。40歳近くなってから、未経験職種にチャレンジしてみたいと思っても、手遅れになる可能性が高いです。

関連コラム フリーター上京物語 

若ければ若いほど、仕事の選択肢が増えます。今まで就職活動をしたことがないフリーターの方もお気軽にご相談ください。また、パセリスタッフのコーディネーターはすべて女性ですので、女性ならではの相談などもしていただけます。大卒の方だけでなく、高卒の方でもご紹介できる正社員求人は多数あります。また、会社の雰囲気を知りたいという方はお試しで3ヶ月間働くことも可能です。

転職エージェントを利用した場合の就職活動について、もっと詳しく知りたいという方は、こちらをぜひご覧ください。転職エージェントを利用された方の体験談を掲載しています。

フリーターをしている方の中には、「特にやりたい仕事がない」という方もいるかもしれません。そんな方も就職する気持ちが少しでもあるのなら、まずは一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

自分では今まで気づかなかった強みや適性を知るきっかけになりますし、自分に合った仕事ができるようになれば、アルバイトでは感じられなかったやりがいを感じることができるかもしれません。もし、どうしても合わなければ、フリーターに戻ることはいつでもできます。正社員として就職できる可能性があるうちに一度就職してみるのも良いのではないでしょうか。

未経験でも就職しやすいおすすめの職種を以下のコラムで紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

もちろん、パセリスタッフでは、それ以外の職種の正社員求人も多数取りそろえております。

コーディネーターによるヒアリングはもちろん、オリジナルの適性テストなども使用して、あなたにとって最適な仕事をご紹介します。お気軽にご相談くださいね。

 ライター紹介:かたこりこ
大学では心理学を専攻。卒業後は、ラジオ番組の原稿やフリーペーパーの執筆、教科書系出版社勤務などを経て現在に至る。趣味は読書、映画・お笑い鑑賞。東京都出身。冬生まれだけど、寒いのは苦手です。