就活に失敗してフリーター…正社員にはなれる?~就活のはじめ方~

2020/04/22

フリーターから正社員

「大学(高校)卒業後の就職に失敗して、現在フリーターをしている」こんな方は少なくないのではないでしょうか。
日本では、いまだ新卒至上主義のようなところがあります。「就活に失敗したらもう人生終わり」という考え方も、はびこっています。でも、そこであきらめるのはまだ早い!
今回は、「就活に失敗した」フリーターの方に向けて、体験談などを交えながら、就活のはじめ方についてご説明していきます。

就活に失敗しても人生終わりではない!

このコラムに目を通してくださっている方の中には、「新卒で就職できなかったから人生終わった」「正社員として働きたいけれど夢物語だ」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。でも、それは間違いです。就活に失敗して、現在フリーターの方でも正社員になれるチャンスはあります。

文部科学省の「学校基本調査」によると、大学を卒業した人のうち、10〜20%がフリーターをしているそうです。この調査結果を見ると、フリーターの方は決してめずらしくないことが分かります。

また、就活で内定をもらっても、大卒で新卒入社した人の平均32%が、3年以内に離職していることが明らかになっています。

※厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)」による

この結果からも、就活に成功して正社員として働いていても、3年以内にフリーターになっている人は多いであろうことが予測できます。

このコラムを書いている私自身も、新卒で何とか一社から内定をもらい、就職したところとんでもないブラック会社で、1年ちょっとで退職してフリーターをしていたという経験があります。

せっかく正社員として就職しても、すぐ辞めることになってはもったいないし、どうせ就職するのだったら、働きやすいところで長く仕事を続けたいですよね。

それでは、どうやって自分に合った会社を見つければよいのでしょうか。
また、どうすれば、正社員として就職できるのでしょうか。

次の項目で見ていきましょう。

フリーターの方必見!就活のはじめ方

現在フリーターの方は、まず就活のはじめ方として、転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントは、就職・転職サイトと同じく無料で登録することができます。

転職エージェントとは、求人募集を行っている企業と求職者の代理として双方の就業条件などを確認し、お互いを結びつける仲介業者のことを言います。

転職エージェントでは、コーディネーターが求職者から、経歴や就業の希望条件をヒアリングし、企業へ交渉します。就職・転職サイトとは違い、自分に合った仕事を人材のプロに紹介してもらえるので、ミスマッチが起こりにくくなり、結果採用されやすくなります。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は、以下のコラムも、ぜひチェックしてみてくださいね。

ここで、転職に成功した方の体験談をご紹介します。

この体験談に目を通すことで、現在の状況から内定をつかむまでのイメージがきっとつかめるはずです。

<I・Mさん・女性(現在35歳)の場合>

-転職を考える前は、どのようなお仕事をされていたのでしょうか。

短期大学卒業時に就職氷河期だったこともあり、就職が決まりませんでした。そこで、ホームセンターやドラッグストアでフリーターとして働いていました。

-そこで、正社員として働こうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

第一に収入の低さです。当時のドラッグストアでの給与は、フルタイム勤務で年収150万円ほどでした。実家暮らしのため、生活は成り立っていたので、そのまま仕事は続けていたのですが、親が定年を迎え、将来的なことを考えるとこのままの収入ではいけないと強く思うようになりました。

また、非正規社員だとルーティンワークが多くなり、スキルアップが望める環境では無かったことも理由としてあります。

-いつ頃からどのように転職活動を始めましたか?

33歳の時に転職活動をスタートしました。最初は、ハローワークや求人サイトから応募していたのですが、なかなかうまくいかず、転職エージェント2社に登録しました。1社は大手転職エージェント、もう1社がパセリスタッフです。

-パセリスタッフに登録しようと思った理由をお聞かせください。

フリーターからでも就職できる正社員求人を多く扱っていることを知り、私でも就職できるかもと登録しました。

-大手転職エージェントとパセリスタッフを利用してみて、何か違いはありましたか?

大手転職エージェントは数多くの求人を紹介してくれました。でも、登録者数が多いせいなのか、履歴書や職務経歴書の添削はあまりしてもらえませんでした。それと、自分が希望していない仕事の求人をすすめられ、嫌な思いもしました。結果、1社、面接まで進んだものの、結局内定をもらうことはできませんでした。

パセリスタッフは求人の紹介数は少なかったものの、きちんとヒアリングをしてくれて、本当に私に合った求人を探してくれました。また、履歴書・職務経歴書も丁寧に見てくれて、なぜこのような書き方をするのか?など、きちんと説明もしてくださいました。

その結果、3社書類選考を通過し、面接を受けられることになりましたが、働きながら転職活動をしていたので、スケジュールの都合から志望度の高い1社の面接を受けました。そこで晴れて採用が決定しました。

-現在は、カスタマーサポートのお仕事をしているということですが、具体的にはどんなことをされていますか? また、正社員として働いてみていかがですか?

人材会社で、登録者や登録を検討してくださっている方の問い合わせ対応や面談の補助をしています。他に自社サイトへの求人掲載や、コンテンツ企画・作成なども行っています。

早いもので転職してから1年以上が経過しましたが、カスタマーサポートは、お客様へのより良いサービス提供のため、日々考えることが多いお仕事です。会議で私が提案した意見が取り入れられることになったのがうれしかったですね。頑張ったことを評価してくれるので、すごくやりがいを感じています。また、年収も300万円とアップしました。

-それでは、最後に現在転職活動を考えている方にメッセージをお願いします。

私は33歳から転職活動を行いましたが、30歳以上でフリーターという立場では、自力での転職はとても難しく、20代の時にもっと真剣に転職活動をしておけば良かったと後悔もしました。

それでも、親身になってくださる転職エージェントと出会うことができ、無事転職することができました。

自分自身で興味のある業界について調べたり、学んだり、必要であれば資格を取得するなどの努力も必要ですが、転職の後押しをしてくれる転職エージェントを利用することも1つの手段だと思います。

いかがでしたか?少し転職のイメージがつかめたのではないでしょうか。多くの転職エージェントがありますが、それぞれ特色がありますので、ご自身のニーズに合った転職エージェントを見極める必要があります。また、I・Mさんのように複数の転職エージェントを利用することも、たくさんの求人を見ることができるので、おすすめです。

ただ、多くの転職エージェントに登録すると、その分情報量も多くなるので、迷ってしまうことがあるかもしれません。また、スケジュールの管理もしづらくなりますので、複数の転職エージェントに登録する場合は、2社程度にしておきましょう。

パセリスタッフでは、フリーター(高卒・大卒)の方でも、業種未経験の方でも、就職できる正社員求人を数多く取りそろえています。専任のコーディネーターが1対1で履歴書・職務経歴書の添削や面接同行、内定・入社後のサポートまでを一括して行いますので、就活のはじめ方がわからないという方も、まずはお気軽にご相談ください。

 ライター紹介:かたこりこ
大学では心理学を専攻。卒業後は、ラジオ番組の原稿やフリーペーパーの執筆、教科書系出版社勤務などを経て現在に至る。趣味は読書、映画・お笑い鑑賞。東京都出身。冬生まれだけど、寒いのは苦手です。