フリーター上京物語 

2020/04/22

フリーターから正社員

夢を追いかけて上京したけれど、就職しようか悩んでいるという方はいませんか?また、それ以外にも、上京した方の中には「東京に住んでみたかった」「環境を変えたかった」など様々な背景があるかもしれませんね。
今回は、フリーター上京物語と称して、実際に上京されている方のお話を交えながら、仕事の探し方などをご紹介していきます。

20代前半の方や、夢をあきらめられないという方は、様々なアルバイトにチャレンジしたり、夢を追いかけるのも良いと思います。でも、就職しようかな、と少しでも迷っている方は、ぜひこちらのコラムを読んで、考える機会を設けて頂ければと思います。

フリーター上京物語 ~Tさん 36歳の場合~

それでは、私の身近にいる人の上京物語をご紹介しましょう。

Tさん 36歳(男性) 出身:山形
持っている資格:英検2級(その後準1級を取得)

Tさんは、地元の大学を卒業後、なんとなく都会に憧れて、上京しました。

特に夢ややりたいことはなく、学生時代、就職活動はしませんでした。

上京した後は、生活のためアルバイトを始めます。コンビニでの勤務を数年続けた後、持っている英検の資格を活かし、教材系の出版社で編集補助を行っていました。ただし、期間が決められていたため、2年で退職します。

そこから、就活はたまに行っていましたが、就職先はなかなか決まらず、親が送ってくれる野菜を食べるなどして1日一食の生活を続け、3年がたちました。その後再び、前職の出版社に声をかけられ、同社で1年ほど編集補助のアルバイトをします。

編集補助のアルバイトをやめてからは、転職サイトに登録し、自力で仕事を探します。

その結果、正社員として内定が決まり、オフィスビルでの郵便物配達や仕分けを行っていましたが、単純作業に嫌気がさし半年で退職します。

次に、派遣会社に登録し、再び英語教材の編集を行いますが、今度は人間関係が原因で、1年弱で退職します。

退職した後、英語教員や、児童相談所の職員などの採用試験を受けますが内定はもらえませんでした。

元号が令和に変わる前に就職すると意気込んでいたものの、現在も就職は決まらず、今は実家に戻るか目下悩み中です。

———————————————————————————————————–

Tさんからは、最近になって、「自分が何をやりたいのかが分からない」と相談されました。

Tさんのお話を聞いて、一番問題だと思ったのは、やりたいことや夢がないこと。

その状態で、仕事を始めても長続きはしないかもしれません。

アルバイトなどを通して新たな目標や夢が見つかればよいのですが、ここまでずるずるきてしまうと、仕事に対しての意欲がなくなりますし、怠け癖もついてしまう危険性があります。

Tさんのように、30代半ばで正社員として就職しようと、就職・転職サイトに登録したり、ハローワークで仕事を探したりしても、アルバイトの経歴しかなかったり、働いていない期間が長かったりすると、自分に自信を持つことができなくなります。その結果、面接で自分をアピールすることができずに選考をなかなか通過できないということも多々あります。そうして、また自信喪失の悪循環に陥るということは少なくありません。

空白の期間が長いと、面接の時にそのことを指摘されることも多いので、自分をアピールするということはとても大切です。Tさんの場合は、英語の資格は持っているので、関係する業種であればアピールポイントとしては充分なのですが、自分が何をやりたいのかわからず、やみくもにいろいろな企業を受けてしまって不採用という日々が続きました。

もし、現在フリーターの方でゆくゆくは正社員として働きたいと考えている場合は、なるべく早く就活を始めましょう。特に未経験職種の場合、企業は若い人を好む傾向にあります。

また、企業によっては採用条件に年齢制限を設けているところもあります。

正社員として就職したい気持ちはあるけれど、就活のはじめ方がわからない、Tさんのように自分のやりたいことがわからないという方は、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントとは、求人募集を行っている企業と求職者の代理として双方の就業条件などを確認し、お互いを結びつける仲介業者のことを言います。転職エージェントは、就職・転職サイトと同じく無料で登録することができます。

転職エージェントでは、コーディネーターが求職者から、経歴や就業の希望条件をヒアリングし、企業へ交渉します。その人に合った仕事を人材のプロが紹介するので、ミスマッチが起こりにくくなり、結果採用されやすくなります。

たくさんの転職エージェントがあり、それぞれ特徴がありますので(得意とする分野やコーディネーターなど)、インターネットなどで情報収集してみましょう。そこから自分に合ったエージェントを見つけて登録すると良いと思います。

ちなみにパセリスタッフは、

未経験者でもOKな正社員求人が多い

専任のコーディネーターが面談から入社後までマンツーマンでフォロー

心理カウンセラー(公認心理師)在籍のため、仕事以外の心の悩みも相談できる

オリジナルの適性テストで自分に合った仕事がわかる

などの特色があります。

正社員で就職したいという強い思いがある方はもちろん、まだ、正社員として就職するか悩んでいるという方も、ぜひ一度ご相談ください。

また、現在アルバイトをしていて、同じような業種に正社員として就職したいという方は、今の職場で社員登用を目指すのもよいかもしれませんね。

今回はフリーター上京物語と称して、身近な人の例をご紹介しました。

上京されている方の中には、実家に戻ろうか迷っている方もいるかもしれません。

確かに都心は家賃が高いなどのデメリットもありますが、その分求人数が多く、仕事の選択の幅が広がるというメリットがあります。

また、お給料も一般的に地方より高いことが多いので、自分に合った仕事をしたい、長く続けられる仕事をしたいという方は、都心で正社員の仕事を探すことをおすすめします。

フリーターの方で、「安定した生活を送りたい」、「将来家庭を持ちたい」という思いのある方は、ぜひ一度自分の将来について考える機会を設けてみてくださいね。

 ライター紹介:かたこりこ
大学では心理学を専攻。卒業後は、ラジオ番組の原稿やフリーペーパーの執筆、教科書系出版社勤務などを経て現在に至る。趣味は読書、映画・お笑い鑑賞。東京都出身。冬生まれだけど、寒いのは苦手です。