お仕事講座 ‐仕事で大切なこととは?‐

2019/12/03

お役立ち情報

「仕事をする上で大切なことは?」と聞かれたら、あなたなら何と答えますか?立場、職種、業種、勤務年数などによって、きっとその答えは異なることでしょう。ここでは、あるアンケートで多くのビジネスマンが答えた「仕事をする上で大切なこと」の1位~5位に沿って、詳しくご説明していきます。

1位 コミュニケーション能力

まず、男女共に1位に挙がっていたのは「コミュニケーション能力」です。仕事に限らず、人間関係を円滑にするには、コミュニケーションが大切であることは言うまでもありません。では、「仕事上において、コミュニケーションを取るために必要なことは?」と聞かれたら、何を思い浮かべるでしょうか? 

特に若い人では、「敬語が上手く使いこなせること」と答える人も多いかもしれませんね。もちろん、敬語を正しく使えることは、知性や品格が感じられ良い印象を与えますが、敬語が使えたからといって、コミュニケーション能力が高いとは言えません。コミュニケーションを取るために必要なこととして、具体的には、以下の3つが挙げられます。

・  気持ちの良い挨拶

・  報告・連絡・相談(報連相)

・ TPOに合わせた言葉遣い

こんなことは既にやっているし、出来て当然と思う方もいるかもしれませんが、「社内で困った人」というアンケートでは、これらが出来ない社員に困っているという回答が多くありました。それでは、この3つを具体的に見ていきましょう。

気持ちの良い挨拶

挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。仲の良い人や顔見知りに対しては誰でも出来ると思いますが、初対面の人や関係が上手くいっていない人に対しても、笑顔で挨拶をすることが出来ているでしょうか?
挨拶はしていても、心の中で挨拶は「儀礼的なものだから…」と思っていると、相手にも形だけの挨拶に映り、場合によっては不愉快な気持ちにさせてしまうかもしれません。
また、挨拶しても相手がしてくれなかったらイヤだな、とか、相手がしたらすればいいや、という考えで挨拶を控えると、円満な人間関係は生まれにくくなります。挨拶は「自分から」することを心がけましょう。

実際、挨拶を活発に行うようにしたら、社内の雰囲気が明るくなったという事例や、挨拶を返してくれない人に対して、挨拶を続けたら、その人が挨拶を返してくれるようになった、という話もあります。
仕事上で気持ちの良い挨拶ができることは必要不可欠と言えるでしょう。

ちょっと一言

日本には、おじぎをする文化があります。この「おじぎ」、シャイな性格の人には便利かもしれません。知らない人同士でも、例えばエレベータを先に降りるときなど、ちょっとおじぎをするだけで、気持ちがよいものです。

報連相

「報告」「連絡」「相談」のそれぞれ1字目を合わせた「報連相」ですが、これが出来ていない人も案外いるようです。アンケート、「社内で困った人」の中には、1つの仕事が完了しても報告が出来ない人という答えも挙げられています。どんな業務でも、終わったら報告をして確認をもらうというのが基本です。

また、疑問点があったら質問をする、困っていることがあったら相談をすることも必要不可欠なことです。他にも、自分がその業務の責任者でない限り、自己判断で勝手に事を進めないということも、仕事においては重要なコミュニケーション能力の1つです。

報告:上司に聞かれる前に報告。悪いことほど、迅速に。経過も報告。

連絡:情報の共有。伝わっているかの確認。相手への気配り。

相談:内容を事前に整理。
早めの相談。その後の報告とお礼。

TPOに合わせた言葉遣い

皆さん、目上や初対面の人に対しては、言葉遣いには気をつけていると思いますが、どんなに親しくなっても取引先や会議などの場面ではタメ口で話さないことは当然のこととして、職場内でも基本的に丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

例えば、会社の飲み会などで、上司から「今日は無礼講で!」と言われたとしても、タメ口で話して良いということにはなりません。仲の良い上司であっても、『親しき中にも礼儀あり』であるということを心得ておきましょう。

これら3つの事柄は、男女いずれもが挙げた答えですので、基本中の基本と言えるでしょう。最初から最後まで一人で黙々と作業する業務なら別ですが、人間関係を上手く保ち、気持ち良く仕事をする上でも、作業効率を上げる上でも、コミュニケーション能力は欠かせません。コミュニケーションが苦手と感じている人も、自信がある人も、普段の自分の行動を振り返ってみて下さいね。もし自分が出来ていないかも、と思うところがあったら、これから改善していきましょう!

2位 誠実さ

仕事をする上で大切なこととして、こちらも男女共に2位に挙げられていたのは「誠実さ」です。抽象的な言葉ですので、人によって捉え方は千差万別かもしれませんが、次の3つが大きな柱となるでしょう。

約束を守る

嘘をつかない

人によって態度を変えない

約束を守る

これもまた、仕事において基本中の基本ですね。約束を守ることは、誠実さの証であり、内外の信用にも関わるので大変重要なことです。例えば、急遽予定を変更してもらうことになった場合に、いかに相手への迷惑を最小限に抑えるかといった配慮ができるかどうかには、その人の誠実さが表れます。

嘘をつかない

生まれてから一度も「嘘をついたことがない」と言う人はまずいないでしょう。なにか大切な理由があって仕方なく嘘をつくということは、少なからずあるものですが、自分の仕事のミスを隠すために保身でつく嘘などは、ばれた時、信用を失います。ミスをした時などは、嘘でごまかしたりせず、誠意をもって謝りましょう。

人によって態度を変えない

話している時に、上司が来ると急に態度を変える人や同性と異性では声のトーンが変わる人、あなたの周りにいませんか?人によって裏表があるような態度をとらずに、誰に対しても同じ接し方ができるといいですね。

3位 真面目さ

こちらは、男女で3位以下の答えが異なっています。「真面目さは」男性では、3位、女性では5位でした。

真面目であることは、一生懸命に仕事に取り組むということにもつながります。ですが、与えられた仕事をコツコツとこなしていても、言われたことしかやらないというのでは、困ります。時間に余裕が生まれた時には、自発的に上司や周りに声をかけ、率先して仕事をするようにしましょう。

また、仕事中にプライベートなメールのやり取りをしない、私用でサイトを閲覧しない、私語を慎むといったことも、真面目さに含まれます。仕事や職場環境に慣れてくると、ついうっかり公私混同した行為をとってしまいがちですが、「今、これをしてもいいのか?」ということを常に念頭に置くようにしましょう。

1位から3位は、いずれも、仕事上だけでなく、人との信頼関係を築いていく上で、とても大切なものですよね。

では、4位以下を見ていきましょう。

4位 素直さ(男性5位・女性4位)

男性の4位にある「体力」は次項で取り上げ、ここでは女性4位、男性5位に挙がっている「素直さ」を見ていきます。

素直さというのは、上司に言われたことに対して、逆らったり自分勝手な解釈をしたりせず、きちんと受け入れることです。特に若い人に見られる問題として取り上げられるのは、叱られたり注意されたりした時の受け答えと、ミスや問題が起きた時の態度です。

自分のミスを指摘された時には、まずは素直に受け入れ、正直に認めて謝罪することが必要です。成長過程において叱られた経験の少ない人の中には、自分のミスを受け入れず、謝らないどころか逆ギレをする困った人もいるようですが、仕事をする上で「素直」であることは円滑な人間関係を形成するのに大切です。どんな時も謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。

5位 体力(男性4位)/愛嬌(女性3位)

最後に、女性が3位に挙げていた「愛嬌」と男性が4位に挙げていた「体力」を見ていきます.

女性が挙げた「愛嬌」。これは、自然に出てくるものであれば受け入れられますが、「女」を強調した愛嬌(男性に対してだけ媚を売る、困っている時や失敗した時だけ振りまくなど)は嫌がられる可能性が高いので注意しましょう。また、男性も愛嬌があった方が親しみやすい印象を与えるようです。

また、男性が挙げた「体力」は、男性に限らず、誰にとっても大切なものです。特に営業や立ち仕事などは、体力を使いますよね。たとえ、どんなに能力があって仕事が出来る人でも、すぐに体調を崩してしまう人には、仕事を安心して任せることは難しいでしょう。健康管理も、自己管理という仕事の1つです。睡眠や食事、運動などに気を使い、規則正しい生活習慣を身につけましょう。日々の疲れを持ちこさないよう気を付けて、こまめな身体のメンテナンスを心がけることは、社会人にとって大切なことです。少なくとも、出勤に支障をきたすほど休日に遊び過ぎるということは控えてくださいね。

「仕事をする上で大切なこと」を見てきましたが、いかがでしたか?どれも、一朝一夕で身につくことではありませんし、自分は出来ている、簡単なことだと思って慢心していると、気付かぬうちに、ついうっかりボロが出てしまうこともあります。
人との信頼関係は、11つの積み重ねで作られるもの。ちょっとした油断が、それまでの信頼を失うことに繋がりかねません。「相手を嫌な気持ちにさせずに、こちらの意図を正しく伝えること」が、特に仕事において大切だと言えるのではないでしょうか。
人との付き合い方についてどうすれば良いのだろう、と思った時には、今回の内容を振り返るとともに、あなたが「話していて嫌な気持ちにならない」と思える人を観察して、参考にしてみてくださいね。

パセリスタッフでお仕事を探す
https://paselistaff.jp/job/