転職する方必見!新しい職場で心がけたいこと

2020/03/23

お役立ち情報

転職をして、4月から新しい職場で働くという方は多いのではないかと思います。また、異動や転勤などで、職場が変わるという方もいるでしょう。
特に、転職の場合、転職先が決まったことに安心しつつも、「新しい職場でうまくやっていけるかな?」「新しい仕事に慣れるかな?」などと不安を抱えることも少なくないのではないでしょうか。
今回は、そんな不安を少しでも減らせるよう、「新しい職場で心がけたいこと」についてご紹介していきます。

職場が変わった時に心がけたいこと

まずは、新しい職場に溶け込むために心がけたいことを見ていきましょう。

1. 笑顔

人と接する時に笑顔を意識することで、相手によい印象を与えることができます。また、声もかけてもらいやすくなります。

2. 自分からまめに挨拶する

相手の挨拶を待つのではなく、自分から積極的に挨拶するようにすると、周りの印象もよくなるでしょう。また、その際はハキハキと大きな声を出すようにしましょう。せっかく挨拶をしているのに、モゾモゾと小さな声で挨拶していてはもったいないです。

3. 分からないことはすぐに質問し、確認する

新しい職場では分からないことがあって当然ですが、それをそのままにしないことが大切です。分からないことが出てきたら、その都度確認するようにしましょう。その際は、「~は理解できたのですが、○○が分からなくて」のように具体的に質問するようにすると、相手も答えやすくなります。
また、自分の理解に不安がある時には、「~という認識で合っていますか?」と確認しておくと安心です。

4. 小さなことでもメモをとる習慣をつける

たとえ前職と同じような業務内容だったとしても、仕事の進め方や、やり方は会社によって違うことが多々あります。混乱しないようにするためにも、メモはこまめに取るようにしましょう。
また、メモを取ったら、それで終わりではなく、あとで見直したり、もう1度まとめ直したりすることで、仕事も覚えやすくなるはずです。

いずれも基本的なことなので、新しい職場でなくても日頃から心がけているという方も多いかもしれませんが、今一度振り返ってみてくださいね。

新しい職場で感じる不安や悩みを解消するためにしておきたいこと

新しい職場では、不安や悩みはつきものです。そんな不安や悩みを乗り越えるためにはどうすればよいのでしょうか。早速見ていきましょう。

1. 不安や悩みが出てきたらチャンスと捉えよう

職場が新しくなると、人間関係を一から構築しなくてはいけなかったり、なかなか新しい仕事が覚えられなかったりして気苦労は絶えないものですよね。
でも、変化によって不安や悩みが出てくるのは当然のことなので、決して自分を否定しないようにしてくださいね。
悩みが出てきたら、「自分はどうして悩んでいるんだろう」「どうしたらその悩みは解消されるんだろう」と考えることで、自身の成長につながります。

2. 新しい職場で自分が取り組むべきことを考えよう

新しい職場で慣れないうちは、ついつい目の前の仕事をこなすだけでいっぱいいっぱいになってしまいがち。でも、それが続くと、自分が転職した目的を見失ってしまうかもしれません。また、頑張りすぎることで、心身共に疲れ果ててしまう危険性もあります。
まずは、自分が新しい職場で、どんなことに取り組んで、どんなことを成し遂げたいのか、また自分が成長するためにはどうしたら良いのかを考えてみましょう。考えたら、それを目標として掲げてみましょう。

例えば、「今週の目標」「今月の目標」「1年後にどうなっていたいか」など、短期的な目標と長期的な目標の両方を設定してみると効果的です。目標を設定することで、自分が何をすべきなのかがはっきりしてくるはずですよ。

3. 新しい職場を知る姿勢を大切にしよう

転職すると、ついつい、前職での経験や能力を活かそうとしてしまいがち。また、自分の実力をアピールしたいという人もいるかもしれませんね。でも、まずは、新しい会社の方針や仕事の進め方などを知ろうとする姿勢が大切です。

そうすることで、仕事のどの部分で自分の能力を発揮できるのか、また、ここは新しい会社のやり方に従ったほうがいいだろう、などといったことが見えてきます。
上司に仕事を教わっている時でも、「今までの仕事ではこうだったのに」と頭でっかちになるのはやめましょう。柔軟に考えて、自分の能力や経験を活かすことで、コミュニケーションもスムーズにいくはずです。

4. コミュニティを広げよう

新しい職場に変わった時に、よく挙げられるのが「誰に相談していいかわからない」という悩み。転職の場合は、同期入社の社員がいないことが多いので、不安や悩みを1人で抱え込んでしまう方も少なくないようです。

そんな時は勇気を出して、直属の上司に声をかけてみましょう。また、それに留まらず、他部署の人にも目を留めてコミュニティが広げられないか考えてみましょう。

普段あまり話す機会がなくても、たとえば、朝エレベーターなどで会う同じ職場の人や、いつも挨拶をする先輩などで、話しやすそうな人はいませんか?
年齢や役職にとらわれず、いろいろな人と接することで、様々な意見を取り入れることができるようになります。環境の変化は、自分の視野を広げられるチャンスでもあります。

5. 頑張りすぎないようにしよう

社会人として、ある程度の知識や経験が身についていると、転職してその能力や経験を頼られることもあるかと思います。そうなると、必然的に仕事量が多くなったり、責任の大きな仕事を任されたりすることもあるでしょう。

キャリアアップのチャンスとしてがむしゃらに頑張るのは良いことでもありますが、くれぐれも頑張りすぎないようにしてください。

自分自身で気づいていなくても、新しい環境に身を置くというのは、それだけで、結構な負担を自身に強いているはずです。転職してすぐの段階で、自分が思っている理想の働き方と現状のすりあわせをしておくのが良いでしょう。

新しい職場で、心がけたいこと、大切にしたいことをご紹介してきましたが、いかがでしたか?新しい職場に慣れるのには、一般的に半年程度かかると言われています。なかなか環境の変化に適応できず、悩むこともあるかもしれませんが、その悩んだ経験こそが自身の成長につながりますので、自分自身と向き合う時間を大切にしてくださいね。あまり焦らず、長い目で見ることが大切です。

 ライター紹介:かたこりこ
大学では心理学を専攻。卒業後は、ラジオ番組の原稿やフリーペーパーの執筆、教科書系出版社勤務などを経て現在に至る。趣味は読書、映画・お笑い鑑賞。東京都出身。冬生まれだけど、寒いのは苦手です。