資格取得について

就職や転職を考えた際に、「先に何か資格取得をしてみよう」と思われる方も多いのではないでしょうか?
資格取得を考えている皆様に、資格取得後に転職するメリットや、どのような資格を取得すれば転職しやすいかをご案内いたします。

資格取得をしてから転職を行うメリット

「資格」というものは、自分の仕事スキルを証明するものの一つです。
働く上で、「業界に詳しい」「業務に対する知識がある」という重要な裏付けとなるのです。
特に未経験からの転職を考えている場合は、転職をしたい業界や職種についての知識が事前に習得されているかの有無が採用結果に大きく関わってきます。
また、経験業界・職種への転職を考えているが、特に資格は持っていないという方についても、資格を取得することでその経験が更に価値のあるものへと昇華します。
以上の理由から、資格取得は就職・転職について大いに役立つことであり、検討する価値が十分にある、メリットが大きいことと言えます。

転職に有利な資格とは?

特に働きたい業界・職種を決めていないけれど、転職に有利に働く資格を取得したいと考えている方は、まずは「働く上で需要が高い分野か」「資格で収入が得られる仕事か」を中心に考えましょう。
資格を取ったけれど、その資格が活かせる業界・職種において求人がほとんど無かったり、資格を取得しただけでは中々就業できないということがあり得ます。また、先に実務経験を積まないと取得できない資格というのも存在します。
どのような業界・職種の求人が多いのか?未経験からでも就業できるのか?などを先行して調べ、それに対してどのような資格があればその業界・職種に就業しやすいのか?と、取得すべき資格を絞り込んでいくと良いでしょう。
「資格ありき」ではなく「仕事ありき」で取得する資格を決めることが、より転職をスムーズに進めることに繋がります。

資格取得の例

日本語教師になるには…?
外国人技能実習生の受け入れが始まり、一気に需要が高まってきた「日本語教師」のお仕事。
どのような仕事内容で、どのような資格が必要なのか?
参考例としてご確認ください!

【日本語教師とは?】